吸入薬の関連

MENU

吸入薬の関連

吸入薬の部類

 

・乾きパウダー製剤
粉を吸入

 

・エアゾール製剤
ミスト状の薬剤を噴霧して吸入

 

・電動ネブライザー
液体をミスト状にして吸入

 

そういった種々があります。

 

・吸入ステロイド薬
長年抑制薬(コントローラー)の取り分け、喘息の治療薬としてやはり効果が大きいとされているのが「抗炎症の吸入ステロイド薬」と言われています。

 

少量の元で、肺や気管支のみにステロイドを行いさせ、炎症を抑える効果がある結果、副作用もさほど薄く、長期の行動が行えるお薬といわれています。

 

お薬のボリュームも経口薬と比較して、1/100~1/1000程度のボリュームで効果を得られます。

 

副作用

・口の中の炎症
・のどに痛み
・考えがれなどが出る

 

こういう副作用があるとされていますが、これは吸入後にとっくりうがいをすることにより、それらの事態を予防することはできるといわれています。

 

・β2(受容身体)刺激薬
発作が起きたら、小さくなった気管支に開発行いのある『β2(受容身体)刺激薬』という「気管支開発薬」が使用されることがあります。

 

こういうお薬は2部類あり、「長期間行いカテゴリーのコントローラー」と「束の間行いカテゴリーのリリーバー(発作治療薬)」があります。

 

お薬の要素
・束の間行い性吸入β2刺激薬
呼吸困難によって起こる苦しさを「気管支開発行い」でアッという間に取り除く効果があり、発作のときはヤバイ便利なお薬になります。

 

しかし、喘息の原因である炎症を抑える「抗炎症行い」は持ち合わせていない結果、拠り所や過多行動が弱みとされています。
使用時には、注意することが大切になります。

 

また、こういうお薬を頻繁に使用する=喘息が長年的目線で見て、制約厳禁ということになります。

 

・経口ステロイド薬
経口ステロイド薬は「発作治療薬(リリーバー)」として難病と受診された喘息、または大きな発作が起こったときに使用されます。

 

また、炎症を抑える行いが硬い結果、副作用の危険性も高いとされ、吸入ステロイド薬とうまくに使い分けをすることが大切になります。

 

・喘息手当をしないとどうしてなる?発作を繰り返すと悪化する?
喘息の正体とは、一言でいうと、「気道が慢性的に炎症を起こしている時点」といえます。

 

発作が起きたときにのみ、お薬を使用して、毎日の気道の炎症手当を放置すると、気道が更にセンシティブになっていき「発作を繰り返し易くなる」といった手詰まりを繰り返すようになってしまうわけです。

 

これは、気道の障害を分厚くごつくするということになります。このことを「気道のリモデリング」と呼び、喘息手当を辛くさせる事由とされています。

 

-発作をくり返して手詰まり!?-
・手詰まりを断ち切るにはどうすればよいのか?
上記で述べた「気道のリモデリング」を起こさず、手詰まりにしないためには、気道の炎症を連日予防して、手当を行うことが大切になります。

 

また、抗炎症手当は発作瞬間だけ行えば良しと言う訳ではありません。連日続けることに意味があります。

 

長期にわたって、適切な手当を行い、気道の時点を安定することができれば、喘息持ちでない第三者と同じ生活を送るイベント可能とされます。

 

事態が小気味よくなったからといって、自己判断での飲用を中断することはせずに、定期的に通院して、喘息をコントロールできるようにすることが喘息手当ではいともポイントになります。

 

また、そのためには信頼できる医師を探して、クエスチョンや危惧を解決し把握しながら手当を続けていくことが重要になります。

 

 

-手詰まりを抗炎症手当で断ち切る!-
・喘息の「軽度増悪(発作)」への行い
ここでは、急性発作が起きる前に取っておくべき用事を紹介していきたいと思います。

 

急性の喘息発作事態には、それぞれにより、軽度の呼吸困難やステップが困難になったりするメンタリティ病態を起こす高度な発作まで、ワイドばらつきがあります。

 

そのために、医師からは、急性発作について具体的に、どお取回しすればいいのか、教えてもらうことが重要になります。

 

シングレアジェネリックを激安で買うならこちら

シングレア,通販,購入,副作用,効果,即日

 

シングレアスタートはここ